来て見て感じて高川の魅力来て見て感じて高川

地域のこよみ
3月 桃源郷の里づくり事業

高川地区を「桃源郷の里に」を合言葉に、平成25年度から始まった事業です。
高川地区の山里を甘い香りと、優しい人々で、お・で・む・か・え!

4月 高川環境教室

高川環境教室では、高川小学校と共同でEM活性液を利用した河川の浄化活動に取り組んでいます。
毎年4月は、公民館下の黒瀬川(くろせがわ)で水生生物調査を実施し、そこに住む生物を知ることで河川の状況を調査しています。

5月 こんにゃく植えつけ

3年前から高川地区(特に川津南)では、コンニャクの植え付けに取り組んでいます。年々収量も増加し、今年度加工所も整備しました。こんにゃくペーストを使ったお菓子の加工・販売を予定しています。

6月 クアテルメ宝泉坊

クアテルメ宝泉坊は、大樫群の麓から湧き出す冷泉による温泉に加え、温水バルネオプールやリラクゼーションセラピーのプログラムも受けられる健康保養施設です。
隣接する宝泉坊ロッジに宿泊される場合は温泉入浴料も無料となります。(温水プールにつきましては、宿泊者さまも料金が必要となります。)
高川でこころも、からだも、ゆったり、のんびりしてみませんか。

7月 避難訓練・納涼祭

“地域の防災マップを利用した避難訓練や人命救助講習等を毎年実施し、地域全体の防災意識の向上につなげています。
また、地域の活性化を目的とした納涼祭をあわせて実施し、地区住民の交流の場づくりを行っています。”

8月 高野子念仏・川津南楽念仏

この1年間に亡くなった方と先祖代々の供養を目的とした高川地区に受け継がれている伝統行事の一つです。
高野子区は東光寺で8月2日に、川津南区では8月第1週の日曜日に念仏が行われています。近年は、次世代への伝統文化の継承にも力を入れています。

9月 高川大運動会

過疎化・高齢化もなんのその!小規模校ならではの1年生から6年生、及び地区住民が一致団結しての全員参加の運動会です。一輪車大行進、創作ダンス、みんなでジャンプなど高川小学校ならではの、ほのぼのした中にキラリと光る、汗と笑顔の運動会。どうぞ足を運んでください。

10月 城川オリンピック

今年、第48回大会を迎える西予市城川町の伝統行事、城川オリンピック。4地区対抗の市民運動会です。9月に選出された選手団が夜間練習を重ね、各種目での金メダル獲得、そして優勝をめざし、チームワークや巧みな技で競い合います。子供からお年寄りまで高川のチームカラー、赤のユニフォームで熱い戦いを繰り広げます。

坂本龍馬脱藩の道を歩こう

高知県に隣接する高川地区では、坂本龍馬にかかわる広い伝えが百年以上も話しつがれており、その口伝は龍馬の脱藩行を話す時の定説となって信じられています。
高知県梼原町宮野々番所跡から九十九曲峠を越え、清掃活動を行いながら歩くイベントを松山市「龍馬学援隊」の皆さんとともに行っています。

11月 秋祭り(牛鬼)

毎年、11月3日に伝承されている。体長5m程で、竹とわらで組んだ胴体に鬼の顔を模した頭をつけている。地元青年が担ぎ、地区内の1軒1軒を練り歩く。頭を各家の内部へ突っ込み、魔を払い、1年間の無病息災を祈る。また、悪魔祓いの役をする「ダイバン」も随行して歩く。

12月 愛宕精進

350年程昔、菊野谷地区で、組中の家屋が相次いで火災にあって全焼する惨事がありました。
時の長老が、守護神愛宕大明神を奉り、冬至の日より3日間、断食と水行を行い火災除難の祈願をこめ、人々が集まって総ごもりをしている。
現在では、地元の当番制にて12月25日に水行を行っています。

1月 穴神どんど焼き

毎年、小正月(1月15日)頃に行う行事で、注連縄(しめなわ)やお札等を家々から持ち寄り、一箇所に積み上げて燃やすという火祭り行事です。長い竹やわら藁等で「やぐら」を組み、それを燃やし、残り火で、竹に刺した餅を焼いて食べたりします。火にあたったり、焼いた団子を食べれば、その1年間健康でいられるなどの言い伝えもあり、無病息災・五穀豊穣を祈る行事です。

2月 高川地区社会教育セミナー

毎年、高川地区での課題や時代に即したテーマに基づく「高川地区社会教育セミナー」を開催しています。
平成25年度は、「高川の将来を考える」と題して、人口問題や集落組織の維持などをテーマに、講演とグループワークを行いました。